親しさと馴れ馴れしさは紙一重!

いつもうちの地域を担当している某宅配会社のサービスドライバー、こちらとしてはそんなに親しく接しているつもりはないのですが、配達に来るとなぜか妙に馴れ馴れしい態度なので軽く困っています。

昨日も荷物の配達があり、そのドライバーがやってきたのですが、玄関を開けてこちらが「こんにちは」と言うなり、いきなり「寒い。」と言うのです。

実は昨日は突風が吹いていて、マンション住まいの我が家は通路をビル風が吹き抜けるので、確かにそう口走ってしまうのも頷ける天気でした。

しかし、だからといって挨拶なしでいきなり他人の家の玄関先で「寒い。

」と言われても、私としては「知らんがなっ。」と思うしかありません。
というか、本当にそんな風に切り返せたら楽なんでしょうが、こんな日に配達に来させた私が悪いのかなと、少し申し訳ない気分にもなりました。

結局そのドライバーは帰りも「ありがとうございました」の一言もなく、「寒い。」を連呼しながら大急ぎで引き返していましたが、本人は私を親しい間柄だと思ってそんな態度なのか、それとも単に誰に対しても粗野な言動しかできない人なのかよく分からず、そのドライバーが訪れるたびにモヤッとした気分になってしまいます。

ただ、親しく接するということと馴れ馴れしくするということの違いが分かっていない、そんな大人って案外多いとも感じます。
自分もどこかで誰かに、無意識に馴れ馴れしい態度を取って不快な思いをさせていることがあるかも知れません。
改めて気をつけたいと思いました。