限定の親子丼に大満足。

職場の近くに突如現れた「一日限定20食 親子丼」の看板。
そのまま通り過ぎてしまいそうな目立たないお店なのですが、「限定」の二文字に惹かれ、職場の同僚を誘って行ってみました。

カウンターが8席と、テーブルが4つのそう大きくはない店内です。
30代前半と思われる男の子2人がメインでやっているそう。
いつ開店したのか気づかなかった、と伝えると「宣伝にお金かけていないんです。

だんだん知ってもらえたらいいなあって」。
限定20食ももったいぶっているわけではなく、2人でさばける量がそのぐらいだからと。

早速注文し待つこと15分、直径20cmほどのお椀が運ばれてきました。
ふたを開けると、真ん中に満月のような鮮やかな黄身がのった黄金色の(大げさではなく、)親子丼。
味は・・・ちょっと濃い目の甘いお出汁がきいたおいしいものでした。


程よい大きさの鶏肉も弾力があり、噛むほどにおいしさが広がってきます。

ランチタイムは、これに小鉢(今日は葉の花のお浸し)と鶏スープがついて800円。
若い人たちの「おいしいもの食べてもらいたい」という意気込みが伝わってくるいいお店でした。